トップ > 事業内容

50週年ロゴ.jpg

 

 

           

創業から約60年。新生重機建設株式会社では独自に開発したセメント系固化材を使用した乾式柱状改良体のDSP工法®を中心とし、地盤改良工事にこだわってまいりました。DSP工法®を柱とした様々な施工方法を研究・開発することにより、様々な地盤条件を克服し、お客様からの高い評価を頂いております。

セメント系固化材を粉体のまま、直接土と混ぜる乾式柱状改良工法です。

セメント系固化材を水と混ぜスラリー状にし、土と混ぜる工法です。

セメントミルクを地中でそのまま杭状に固化させる工法です。

節付細径鋼管とソイルセメントコラムを一体化した工法です。

複数の鉛直方向突起を設けた掘削撹拌装置を用いた工法です。

刄(YAIBA)工法や沈下修正工事や表層改良など、その他の地盤補強工事です。
SS2.JPG
スウェーデン式サウンディング、SDS試験、ボーリング調査、平板載荷試験などがあります。

公共事業や民間の宅地造成工事などがあります。

自走式建柱車やクローラー式杭打機など、用途に合わせた様々な施工機械があります。
地盤調査 DSP工法 施工機械 表層改良 湿式柱状改良 ピュアパイル工法 しん兵衛工法 くし兵衛工法